2009年

平成21年 1月1日(木)

ノーランド鹿嶋農園  高内 功さん(53) 水戸市在住
有限会社 マクロビジョン 代表取締役

大洋店店長 角田信幸


【高内さんコメント】

今まで(有)マクロビジョンで仕事をしてまいりました。
会社の仕事内容は『・ソフトウェア制作・ホームページ作成 ・コンピューターコンサルティング』です。
この程、農業にも関心を持ち農業もやってみたい という思いにかられ、実家の田んぼに渡辺パイプ(株)さんのトラスハウスを建ててミニトマトの水耕栽培を始めました。



ノーランド鹿嶋農園 2008年4月15日設立 定植日 2008年8月28日
ハウス面積 約100坪 収穫開始日 2008年11月18日
作物(品種) ミニトマト・アイコ自根 出荷場所 こだわりレストラン・直売所・他
植付本数 1200本 売上目標金額 2万円/坪



【高内さんの考え・今後の夢】

わずか100坪程度の農園ですが、ご先祖様方々の築きあげてきた農業の文化を継承し、農業の喜びを味わいたいと思っております。
そして、『安心で美味しいものを多くの人に届けたい』 IT技術(Tnfomation ・Technoligy)を使って農業のパラダイムシフトと演出したい。
将来は、(近いうち)1500坪程度の規模を目標にしていきたいと思っています。



【紹介者コメント】 

2008年は北京オリンピック、リーマンショック金融不安が発端の経済危機、農薬の混入で食への不安、WTIの値上がりから物価上昇、等々良いニュースよりも、不安とか良くないニュースの方が数多く報じられ、それらがまだ長く尾を引いて残っています。
今回、そういう中、コンピューター関係の会社を経営しておられますが、農業へも目を向け『アグリビジネス』への第一歩を踏み出した高内功さんを紹介致します。
まったく新しい分野という事で解らないところ難しいところが有ったようですが、今は徐々に慣れてきて、真っ赤に色づいたトマトを見るのが毎日楽しみですと言っています。
これからも高内さんの夢に向けてお手伝いが出来ればと考えております。